TOP > 会社概要 > 沿革

沿革
1967年(昭和42) 各種金属表示プレート専業メーカーとして、資本金100万円にて法人設立
1970年(昭和45) スクリーン印刷設備新設
1975年(昭和50) 資本金600万円に増資
1978年(昭和53) アルマイト処理槽新設
1984年(昭和59) メンブレンスイッチ生産開始
1985年(昭和60) 工場増設
1986年(昭和61) 透明電極回路基板、ガラス、フィルム、パターニング加工生産設備新設
1991年(平成3) 新社屋工場完成に伴い生産設備拡充
1992年(平成4) 資本金1,000万円に増資
1993年(平成5) グラフィック・コンピュータとCADによる原版処理の増加に伴いデザイン部門新設
1995年(平成7) 工場生産設備増設、クリーンルーム新設
1996年(平成8) モニタ画面用樹脂版、フィルム加工分野進出
1997年(平成9) 売上、受発注の効率化を計るべくコンピュータ導入
1999年(平成11) デジタル化対応による、コンピュータ・ネットワークシステム構築
2001年(平成13) 国際品質規格『ISO 9001』認証取得(No.200353)
2004年(平成16) 『神奈川県優良工場』として県知事表彰を受ける
2007年(平成19) 環境規格『エコアクション21』認証取得
2010年(平成22) 静電容量タイプタッチSW共同開発(特許出願中)
2011年(平成23) フィルムヒーター温度コントローラ設計製造販売
2015年(平成27) 東京中小企業投資育成株式会社様より2,000万円株式投資して頂き、資本金3,000万円に増資
2017年(平成29) 「横浜型地域貢献企業」に認定