TOP > 製品案内 > EL発光パネル

EL発光パネル

ELとは(―現在開発停止中です―ご了承下さい―)

EL

当社のEL(Electric Luminescence)は、無機化合物の蛍光体に電圧を印加する事で発光する無機EL)です。
ITOフィルムに蛍光体を含んだ発光層を印刷することに作られ、薄く、フレキシブルな使用が可能な光源です。液晶のバックライトやディスプレイのバックライトにご使用される事が多いのですが、当社のELはITOフィルムをエッチングする事により、面全体だけではなく、「セグメント方式」や「ドットマトリクス方式」などのデザイン性や機能性を持たせ光をコントロールする事の出来るELの製造が可能です。

※低コスト化を目標とした、ITO膜を使用しない新方式の発光デバイス(透明導電性ポリマー)も製造可能です。

EL発光パネル
配線の見えない電飾
EL発光パネル
アイロンプリント加工により衣類に直接貼り付けたもの
EL発光パネル

ELには様々な仕様が可能です。ITOフィルムを使用する為、【左上写真】のように配線の見えない電飾や、【上3点写真】プリント基板により、より細かく発光させる事も可能です。 【右上写真】裏面にアイロンプリント加工により衣類に直接貼り付けるなど色々な光の可能性を秘めています。(※右上写真製品は参考試作品です。)また、低コストを目的としITOフイルムを使用しない透明導電性ポリマーでの製造も可能です。

性能仕様
特性 項目 性能 備考
電気特性 最大定格電圧 AC200V max.  
静電容量 250pF/cm2 min. 1KHz
電流 0.2mA/cm2 max. 100V 400Hz
恒温高湿寿命 200Hr/30cd/m2(100V 400Hz) 50℃ 90%RH

光学特性

100V/400Hzでの測定。
半減期は代表値。
発光色 初期輝度 半減期 輝度維持率
Blue 40cd/m2 max. 400Hr 75% min.
Blue-Green 55cd/m2 max. 950Hr 90% min.
Yellow-Green 55cd/m2 max. 1250Hr 90% min.
White 40cd/m2 max. 800Hr 80% min.
  100V 400Hz 100Hr/24Hr
寿命特性 (5,000〜8,000Hr) インバータ駆動
環境特性 保存温度 -40〜60℃(80)  
動作温度 -20〜50℃(60)  
熱衝撃 外観に損傷なく発光 -20/60℃ 5 cycles/30 min

EL製品仕様

EL面発光パネルは、PET基材に透明導電膜(ITO=酸化インジュウムスズ)を蒸着した基材に上述のELを印刷し、交流電源を流す事によりこの部分が発光する仕組みです。
また、ITO膜をエッチングする事により、電源を流す部位やパターンを自由に変える事ができるほか、曲げやねじれにも強いので多彩な光のデザインが可能です。
この薄型・省スペースの発光体は今後様々なニーズを開拓してゆく事でしょう。

1. ELの種類
・薄膜型(蛍光体を蒸着/スパッタにて薄膜形成
<グラフィック表示/ディスプレイの動画用途>
※一般的:有機EL(蛍光体が分子状)
・分散型(蛍光体をバインダーにて分散形成)
<バックライト/計器盤/装飾ライトの面照明用途>
※一般的:無機EL(蛍光体が結晶状)
2. ELの構造(当社製)と発光方法
※エッチングタイプ(スクリーン印刷法にて製作)
ELの構造
No 名称 備考
1 PETフィルム PET厚75〜188μ
2 透明導電膜 ITO膜(エッチング処理)・導電性ポリマー(印刷)
3 前面電極 Ag(銀)ペースト
4 絶縁層 導電体の絶縁膜
5 蛍光体層(EL) ZnS:Cu/Mn(カプセル型) 発光色:青、緑、白、橙等
6 誘電層/耐圧層 発光体の絶縁及び電気的誘導膜
7 背面電極 Ag(銀)/C(カーボン)ペースト等
8 保護/防湿層 ランプ保護及び防湿効果
特徴 1.デザイン自由な面光源が出来る。
2.柔軟性がある為折り曲げての使用が出来る。
3.薄い(0.3mm以下)為、装置等への組み込みが簡単。
・発光方法
前面/背面の電極に電気を通すと発光する。
・供給電源
1. 家庭用電源(AC100V 50/60Hz)
→発光輝度は低い。
1. 家庭用電源(AC100V 50/60Hz) インバータにより周波数を上げる(400〜600Hz)
→発光輝度が高まる。
1. DC(直流)電源(3V、5V、12V等) 直流/交流インバータにより電圧、周波数を上げる
→発光輝度の制御が出来る。
3. 発光原理
蛍光体が外部からの刺激(電圧印加)を受ける事により、蛍光体内部に高電界が誘起し自由電子の加速がおこり、その電子が発光中心に衝突して電子を出し、発光中心は電子を失い励起状態になり発光し、交流電圧を印加した場合、正負が逆になる為励起状態にある発光中心が電子と再結合し、これに伴い再び発光が起こり1サイクルに2回の発光が起こる事になる。
4. 用途例及びEL(エッチング・ノンエッチング)の比較
一般的なELパネルとエッチングタイプELの比較
  一般的なELパネル エッチングタイプのELパネル
価格 普通 パネル単体では割高だがトータルコストでは同程度
安全性 パネル外周部の端面に電流が流れているため、他の電気的及び人的事故の発生原因となりうる。 パネル外周部の端面と接続部はエッチングにより導電面を除去しているため、安全である。
電源との接続性 ・ハンダ付
・熱圧着/等
手間がかかる
・コネクタに差し込むだけ
容易に出来る
光の表現性と色の効果性 ・全点灯又は点滅
・模様と色の効果が限定
単純効果のみ
・全点灯又は点滅
・自由に光と色(模様)をコントロール
(多発光に対応)
無限の可能性
5. EL関連製品
ELマルチレイヤー

三菱化学(株)様ご提供

ELマルチレイヤー

無機EL発光パネルに様々な複合部品を重ね合わせることにより、今までにない光の表現が可能です。従来の「無機ELはバックライト」と言った概念を覆す製品は、長年培った技術とアイデアから成り立っています。当社のELマルチレイヤーはそのデザイン性の高さを重視した作りで顧客企業様からの高い評価を得ております。

EL&ヒーター一体型(新提案)

EL&ヒーター一体型(新提案)

液晶バックライト用に透明フイルムヒーターと一体型にしたEL&ヒーターです。部品点数も減らしまた、液晶に直接貼付け使用する為、光の散乱を押さえ、画質がシャープに映ります。

・透明フイルムヒーター