TOP > 製品案内 > 透明フィルムヒーター

透明フィルムヒーター

フィルムヒーターとは

透明フイルムヒーターは低抵抗型の透明導電膜フイルムに通電させる事により、面として均一な発熱が得られます。(右下の写真はサーモグラフィーにより面が均一に温まっていること写した物です。)他社では透明フイルムヒーターとして当社のように完全な透明で無いものもございますが、当社の製品は視界を遮るものは無く、全光透過率も80%前後と高く、薄膜ですので省スペースで、液晶パネルの低温環境下での起動補助や、透明部分の結露防止(防犯カメラのガラス部分等)などに多く使用されています。当社の透明フイルムヒーターは他社では真似の出来ない技術やノウハウから作られております。

透明フイルムヒーター
透明フイルムヒーター

透明フイルムヒーターは、電圧や製品の大きさ、使用するシート抵抗により上昇する温度が決まります。また、一定の電圧で使用の場合、ある一定の温度上昇後にはほぼ一定の温度を保つ特性がございます。但し、透明フイルムヒーターは大変薄く、周囲の影響(実装環境など)を受け易い為、実際にどのような温度上昇をするかご確認し、電圧設定をする必要があります。

透明フイルムヒーター

※通常はITO膜を使用しておりますが、より低抵抗の膜の場合はITO膜だけでは、低い抵抗体が出来ない為、Agを含んでおります。
※基材はPETフイルムになっておりますが、特注でPENを使用する事も可能です。PETに比べ基材の安定性に優れております。
※透明粘着層を付ける事で、ITO/PET単体での透過率より数%上がります

一般的な仕様

ベース基材:PET(特注でPEN素材も可能)
表面抵抗:5〜100Ω/□(※1)
基材厚:125、188μ(※1)
供給電源:AC/DC電源共可能(極性なし)
温度条件:最大で約70℃(※2)
最大寸法:400×500(※3)
※1.基材は特注品が多く、標準材料が少ない為ご相談下さい。また、ITO膜は大変製膜が難しくバラツキがございます。
※2.基材がPETの為、基材のTG点が75℃となっております。
※3.最大寸法は製造可能寸法です。仕様によってはこの寸法で製造出来ない場合がございます。

透明フイルムヒーターの使用例

筒状箇所に貼りあわせる為のものなります。透明フイルムヒーターはフレキシブル性に優れ、様々な箇所に貼付て使用が可能です。
上記写真は筒状箇所に貼りあわせる為のものなります。透明フイルムヒーターはフレキシブル性に優れ、様々な箇所に貼付て使用が可能です。

液晶の起動性補助及び応答性補助
監視カメラのガラス部結露防止
ガラス窓の結露防止や凍結防止
試験器具の加温、保温
ヒーター機能付き回路基板

透明フイルムヒーター
上記写真は回路基板にセンサーを実装し、ヒーター機能を持たせた製品となっております。

透明フイルムヒーターの接続

電源の接続方法では、コネクタ接続・打ち込み端子などがございます。一般的にはコネクタ接続は主流となっております。打ち込み端子の場合にはシート電極部分に打ち込みますので、コネクタ接続に比べてコストが上がります。

透明フイルムヒーター

透明フイルムヒーターの性能比較

下記の画像は実際に印加し、その暖まり方を順に示したものになります。画像では左側が『当社透明フイルムヒーター』、右側が「他社の透明フイルムヒーター」になっております。表面には温度上昇が見て判るようにサーモシートの下に製品を置いた状態にしております。印加すると当社製品は直ぐに均一な面発熱を始める事がみて取られます。他者製品では発熱は始まっておりますが、面が均一に温まらず、極部的な発熱を起こしております。この状態ではヒーターとしての性能が発揮されず、機能を果たす事が出来ません。(※参考・各端子間抵抗は、当社製品が15.7Ω、他社製品が31Ωとなっており、仕様が同じ製品の中このような差が起こっております。これはITOの劣化が原因で発生し、製造プロセスの違いからこのような現象が発生します。

透明フイルムヒーターの性能比較

フィルムカーボンヒーター

フィルムカーボンヒーター

右の画像はフィルムカーボンヒーターになっております。
基板などの低温補助用と使用される薄型のヒーターです。
透明性を必要としない、薄さを必要とする部分には適した製品です。こちらも面で発熱するため、均一なヒーター機能を持っております。印刷で行いますので、様々な製品にヒーター機能を持たせる事が可能で、且つ回路内の選択部分のヒーター化も可能。回路などでも部分的に温めさせるなどの事も可能になります。

透明フイルムヒーターの可能性

透明フイルムヒーターは最近では幅広い用途への展開が見込まれています。医療の最先端分野への活用や赤外線などのセンサ部品などへの活用など様々な分野への使用が検討されております。その無限の可能性によりこの度、財団法人神奈川産業振興センター様から≪ビジネス可能性認定≫を受けました。

サーモビュアによる透明フィルムヒーターの面発熱検証画面

透明フイルムヒーターは全てカスタム製品となっております。ご検討の際は製品の大きさや、必要温度、供給電圧の確認をお願い致します。但し条件によって、電圧の調整(変更)や製品特性上製造不可の場合がございますので、お問合せ下さい。