TOP > 技術紹介 > シート加工

シート加工

プロッティング

プロティング・サンプル

弊社ではCAD及びグラフィック・コンピュータに連動した高精度のカッティング・プロッターを2機有しております。CADやグラフィック・コンピュータから直接データを送り込めるので支給の図面データをはじめ、編集を施した複合曲線や微細なパターンまで刃型やビク型を作成せずに即カットできます。材質も PET・ポリカ・イミドフィルムなど薄手のデリケートなものからt=0.5mmオーバーの厚手までを幅広くカバーしておりますので試作や検証用途のお急ぎに際してもコストを抑えながら製作が可能です。派生や変更にも逐次対応できますのでユーザー様にも高く評価されております。【右写真→:カット・サンプル】

プレス(型抜き)

プレス(型抜き)

プレス加工には、製品に合った型の選定が可能です。シートなどは通常トムソン刃でのプレス加工が一般的ですが、精度形状によってトムソン刃でもベース基材の変更や刃の形状選定、補強を入れるなどの最適な刃型を選択、より精度や複雑な形状の場合には、エッチング刃、ピナクル刃、金型などの選択肢もあります。当社のシート加工では全てCADデータからの展開ですので、前述したプロッティングにより試作時はプロッティングで行い、量産時はプレス型を製作するなどの対応、移行も行えます。同じデータから行う為、正確でかつ高い精度が得らます。 【右写真→:微細プレス(小さな穴あけ(φ0.5)パンチ&スリットプレス】

エンボス・ポッティング

ポッティング加工・サンプル1
ポッティング加工・サンプル2
エンボス加工・サンプル

シート・ラベル印刷に立体的な加工を加えることで製品そのものの機能性や品位を高めることが可能です。ページトップ、及び【↑上写真:2点右・左】はラベル表面に樹脂盛りを施した「ポッティング加工」そして【右写真→】は化粧シートを熱プレスにてキー部分に凸処理を行った「エンボス加工」のポイント画像です。特に機能面での需要が多いエンボス加工には様々な断面形状や高さ、操作時のクリック感を求められる上、シート下に仕込まれる基板やスイッチ構造に合わせての型作成を要するので実績と技量が活かされるところです。